就労移行事業所・就労継続事業所等連絡会議の報告(6月12日)

平成30年6月12日(火)に『就労移行支援事業所・就労継続支援事業所等連絡会議』を可茂総合庁舎大会議室にて開催いたしました。

この連絡会議は、中濃圏域の就労支援事業所、就労継続支援A型事業所、B型事業所の就労系福祉サービス事業所と、相談支援事業所、特別支援学校、ハロワーク等の関係機関に向けた情報提供、情報交換の場として開催しております。

今年度は、可茂県事務所より報酬改定についての情報提供と、特定非営利法人ウェルコミュニティー飛騨の青空作業所  理事長 柏木真司氏による『報酬改定をふまえた就労系事業所のあり方について』をテーマとしたご講演をいただきました。59名と大変多くの方にご参加いただきました。

柏木氏は、全国障害者就労支援ローカルネットワークの副会長であり「どの事業所からも就職に送り出す」を合い言葉に「働くこと」を通じて個人の成長を支援し、障害があっても当たり前に働ける地域づくりに取り組んでみえます。毎年、厚生労働省を訪問し、意見交換を行うなど精力的に活動されている柏木氏の講演は、参加者の皆様より「事業所のあり方について課題点や問題点を考えるきっかけとなった。」「事業所としての調整を考えるきっかけとなった。」等、ご好評いただきました。

会議の日程や内容については、皆様からいただきましたご意見を参考に今後も有意義な会を提供できますよう取り組んでまいりますので、皆様方のご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

次回、12月に今年度2度目の『就労移行支援事業所・就労継続支援事業所等連絡会議』の開催を考えております。ホームページ等でもご案内差し上げる予定です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。